メインイメージ画像

インターネットサービスには無料の分析ツールがあります

ネットには様々なサイトがありますが、インターネットサービスの運用においてアクセス数は気になるでしょう。収益をあげる仕組みがどのようなものだったとしても、アクセス数が沢山あるに越したことはありません。

でも、設置したカウンターなどを見て、アクセス数の調査をするのはおすすめできません。分析をするための無料のツールがあるので、それを利用するのがおすすめです。ツールを使えば、自分の手で表計算ソフトにデータ情報を打ち込んだりもしなくてよくなります。

さらに、膨大なデータを一括取得できるので、データをグラフ化して、属性を直感的につかんだりもできます。インターネットサービスを効率的に運営するには、もうアクセス分析は欠かせないと言ってもいい程です。分析ツールはその動作形態によって大きく2種類に仕分けされます。

そのひとつは、Webサイトに埋め込んで動作させるタイプのツールです。大手の検索エンジン会社などがそのようなスタイルのアプリなどを無料で利用できるようにしています。

ただインターネットのソースコードの知識をもって編集するなどするため、導入の難易度は少し高いですが、一度導入をしてしまえば、半永久的に動作させ続けられます。常にアクセスを分析したいときにとても役立ちます。優秀な分析ツールの場合は、利用者の性別年齢や、使用するブラウザ、OS、インターネットサービスの活用時間帯といったものが、ある程度正確に分析できます。解析の結果を元にして、目標を絞ってインターネットサービスを運用していくことが可能です。

第二はWebサイト上で実行できるタイプのツールです。

こちらは、ソースの直接編集は必要なく、ホームページのURLを入力すれば、即座に分析の結果を返してくれるというものです。動作のシンプルさについては、1つ目のタイプより賢いです。ただ、リアルタイムにアクセスを解析できるわけではなく、大雑把な月間アクセス数などを分析できるだけなので、機能面においては劣ります。自身のインターネットサービスの分析ではなく、他のインターネットサービスの動向を調査したいときに使うのがおすすめです。

更新情報

ody>